応用プログラム

応用プログラム

自信をつけてもらい、社会参加を促すことを目的とし、
ご本人の ”興味のあること・やってみたいこと” などを実践するプログラムです。

 

 

 

 

応用プログラムの流れ (例:外食する)

1.食事をするお店を選びます

いつ・どこで・誰と・何をするのか、また予算の検討時のサポートを行います。

 

(遂行機能、計算能力、認知機能など)

2. 選んだお店へ出かけます

移動手段(電車・バス・徒歩・自転車)の選択時にアドバイスなどを行います。

 

(座位・立位、歩行機能、認知機能など)

3.お店に到着、所持金を確認して注文します

座る位置の確認、食事の選択、トイレの場所などについてサポートを行います。

 

(注意力、言語機能、計算能力、遂行機能、認知機能、座位・立位機能など)

4.会話や食事を楽しんだ後、会計をします

他者とのコミュニケーション、食事動作、座位姿勢のサポートを行います。

 

(注意力、摂食、嚥下機能、言語機能、計算能力、コミュニケーション能力、座位耐久性など)

私たちの役割は、からだの状態やお気持ちに合わせて専門的な視点でサポートすることです。もし、課題があれば、基礎プログラムや個別プログラムに戻って対応します。そして、また応用プログラムを行います。上記の例以外にも、趣味や興味のあることをプログラムとしてご提案いたします。